小さなお子様に絶大なる人気のアンパンマンの世界を楽しめます。

横浜みなとみらいにある「横浜アンパンマンこどもミュージアム&モール」はアンパンマンの世界を存分に楽しめる施設です。遊具やイベントなど、小さなお子様から大人まで楽しめる工夫が沢山されています。

施設はミュージアムとモールに別れており、ミュージアムエリアでは色々な体験ができます。虹のすべり台やボールで遊べるアンパンマンの丘、アンパンマンの世界を体験できるジオラマ、「やなせたかし劇場」ではアンパンマンとお姉さんのステージのほか、アニメーションも上映しています。

ショッピングモールでは、キャラクターのグッズ売り場やフードコートも充実していて、中でも一番人気は「ジャムおじさんのパン工場」ではないでしょうか。アンパンマンとなかまたちのキャラクターパンがずらりと並んでいて圧巻のクオリティでちょっと感動します。

 

物凄い売れ行きなので各パンを絶え間無く焼き続けています。食パンマンが食パンで作られているのもご愛嬌。場所はみなとみらい線「新高島」駅より徒歩7分ですが、横浜駅からもお散歩がてら歩ける距離です。小さなお子様に絶大なる人気のアンパンマンの世界を楽しめます。

観光名所・横浜は、たくさん歩いて、たくさん楽しもう!

2004年に開業した「みなとみらい線」。

この路線に乗ると「この電車はどれだけ地下深くを走っているのか」

と不安に感じる方もいらっしゃるかもしれません。

ただ、この路線のおかげで、

ランドマークタワーや赤レンガ倉庫、横浜中華街などへの交通アクセスは格段に良くなり、

地元民にとっても観光客にとっても喜ばしいことであったでしょう。

みなとみらい線には「みなとみらい駅」「元町・中華街駅」など名所の名前がついていることも多く、

横浜観光の際には電車を利用する方も多いと思いますが、

脚力に自信のある方、また時間に余裕のある方には、

ぜひ歩いて移動することをおススメします。

というのも、先の述べた通り、みなとみらい線は地下深いところを走る路線です。

電車を降りると、階段かエスカレーターで2〜3階分のぼりますが、

改札口を出ると、さらに階段をのぼることが多いです。

階段の上り下りや電車の乗り降りで時間を費やしてもいいのですが、

横浜は観光地だけあって、街並みも楽しいところ。

みなとみらいの大観覧車や赤レンガ倉庫を眺めたり、

海風のにおいを感じたりしながら歩いているうちに、

気がついたら「あっ、もう目的地!」ということも多いでしょう。

海が近いので坂もほとんどなく、

大通りでは歩道も広く歩きやすいです。

また、夕暮れが近づくとあちこちでラ建物がライトアップされ、

とりわけみなとみらい地区はロマンチックな場所になります。

夫婦や恋人同士はもちろん、友達やお子さんと一緒に、またたまにはお一人様でも

充分に楽しめる場所です!

食べることが好きな人には、もってこいの横浜中華街

横浜に行ったら是非とも立ち寄って欲しいのが、横浜中華街です。

関内駅で降りて歩いて行ける距離に中華街があります。

横浜スタジアムの外灯を目印に歩いて行けば、すぐ着きます。

中華街の入口はたくさんありますが、そこでもメインになる入口があり、すぐ横に横浜大飯店があります。

路上で占いをしてもらい、終わりに美味しいお店を紹介してもらいました。

同撥と言う中華店でしたが、そこには横浜名物豚まんが置いてあります。

一個500円でボリューム満点な肉まんです。

普通サイズの肉まんは100円で置いてありました。

路上で食べている人も多いので、あまり気になりませんでした。

中身は豚肉と筍が入っていて、美味しさ満点でした。

人が多く歩いていたのが印象的で、食べるのが好きな人には、選べない店舗数です。

中華街でしか味わえない本場物の作り方です。

チャーハンはもちろん食べますが、他にもゴマ団子やエビチリも良かったです。

作っている人も中国人が多かったです。

異世界へトリップ!非日常を味わえる横浜大世界を大紹介!

横浜観光のお昼は中華街で美味しい料理を楽しもうと思っているあなた、中華街には家族でもカップルでも楽しめる横浜大世界というスポットがあるのをご存知ですか。今回は横浜大世界を紹介します。

「横浜大世界」は横浜中華街にあるエンターテインメント施設です。1階から8階まで楽しめるスポットが目白押しです。

1階の「ダスカマーケット」は、横浜中華街最大級のお土産ショップで、肉まんや点心をはじめとして、横浜の様々なグルメをお持ち帰りできます。

2階の「コンフォートフロア」は、マッサージで体を癒し、占いで心を癒し、衣装レンタルもあるので、雰囲気新たに横浜観光出来るスポットです。3階の「飲茶カフェ 東風 TongPoo」は中国の繁華街や台湾の夜市風の雰囲気が楽しめるフードコートです。

5階〜8階は「トリックアート美術館」です。異世界に迷い込んだようなトリックアートで非日常を楽しむことが出来ます。写真撮影も可能なので思い出も残せます。

元町・中華街駅から徒歩2分で、中華の王朝のような外観の建物なのですぐに分かります。中華街観光の際にはぜひ立ち寄ってみて下さい。

初めての横浜デートならランチはホテルニューグランドがおすすめ

初めて横浜でデートをするなら、横浜市中区にあるホテルニューグランドでランチをとってみるのはいかがでしょうか。

ホテルニューグランドは2017年に開業90周年を迎えた歴史あるホテルで、クラシカルな佇まいが魅力的なスポットです。このホテルが開業したのは1927年(昭和2年)ということになりますが、マッカーサーやチャップリンといった外国のVIPが宿泊したこともあり、横浜の街の発展と共に歩んできたホテルとして一度は訪れてみたい場所と言えます。

そんなホテルニューグランドの本館1階にあるコーヒーハウス「ザ・カフェ」では、このホテルの厨房で発祥したシーフードドリアやスパゲッティナポリタンといった洋食メニューがいただけます。ドリアは今では日本全国の喫茶店やレストランで提供されていますが、初めて作ったのはホテルニューグランドのシェフでした。また、ナポリタンはこのホテルの2代目総料理長が、それまでの味気なかったケチャップスパゲッティをアレンジして、ホテルで食べられるのに相応しい美味しい料理に改良したものです。プリン・ア・ラ・モードもこのホテルがGHQに接収されていた頃にパティシエが作り出したデザートのスタイルで、今でも当時と同じ器で食べることが出来ます。

ホテルニューグランドは山下公園の向かいにあるため、ランチを楽しんだ後に他の横浜の観光スポットへ移動しやすいという利点もあります。ホテルニューグランドでクラシックな雰囲気をたっぷり楽しんだ後は、中華街大通りの入口(朝陽門)にも歩いてすぐ行けますし、山下公園前のバス停から横浜観光スポット周遊バス「あかいくつ」に乗って更に横浜の魅力を発見しに行くという過ごし方もおすすめです。

入場無料で色々な楽しみ方が出来るのがよこはまコスモワールドの魅力

横浜で子供を連れてお出掛けをするなら、よこはまコスモワールドが定番スポットと言えるでしょう。よこはまコスモワールドはみなとみらい線のみなとみらい駅から徒歩2分で行けるため、子供連れでも公共交通機関を使って訪れやすいのが魅力です。また、入園料が無料であり、チケット購入制でアトラクションを利用するシステムなのでご家族のペースに合わせて遊べる点が便利です。

よこはまコスモワールドでは園内が3つのゾーンに分かれており、小さな子供がいるならキッズ・カーニバルゾーンに行けばお子様向けの急流すべりやメリーゴーランドといった子供向けのアトラクションを利用出来ます。ワンダーアミューズ・ゾーンやブラーノストリート・ゾーンには大人でも楽しめるアトラクションもあるため、小学生以上のお子さんがいるご家族にも楽しめます。ホットドッグやクレープなどが買える場所もあるので、お腹が空いた時も安心です。

よこはまコスモワールドは家族で遊びに行くのにぴったりな遊園地ですが、横浜のシンボルの一つである大観覧車コスモクロック21があり約15分かけて高い場所から街を眺められたり、綺麗な夜景が見られるというメリットもあるため、大人のデートにも向いています。ドラマや映画の撮影によく使われている場所でもあるため、お気に入りの作品に出ていた場所を訪ねたいという観光目的の方も訪れてみてはいかがでしょうか。”

大人気観光地横浜中華街のちょっとかわった楽しみ方。


横浜観光といえば横浜中華街をはずすことはできません。

横浜中華街は中華料理をはじめとする飲食店や飲茶のお店がたくさんあり、予算に応じたおいしい食事をいただくことができます。

またおみやげ物売り場もたくさんありますし、なにより異国情緒あふれるその景観は散策しているだけでも楽しいものです。

もちろん昼間の中華街は鉄板ですし、夜になればまた違った顔を見せてくれるのでよいのですが、私のお勧めは早朝の中華街散策です。

横浜中華街は観光スポットではありますが、そこに生活している人たちがいます。

早朝8時くらい、まだお店がオープンする前にはそこに生活している人たちの日常があります。

家の前を掃除する人、ごみを出すために寝間着で外に出てくる人、ご近所さんとおしゃべりに花を咲かせる人、観光客を迎える開店準備に慌しい人。

通学する子供たちの姿を見ることもできます。

昼間や夜の中華街はキラキラした観光地ですが、早朝まだよそ行きの顔になる前の中華街をのんびり散策するとそのギャップに心が落ち着くのです。

観光地としての中華街しか知らない、という方は一度早朝の中華街の散策をしてみてはいかがでしょうか?

横浜のアニメイトはイベントが充実していて面白い

アニメイトは全国でたくさんの箇所に存在し、アニメやゲーム好きの方に特に人気のあるお店です。

その中でも横浜のアニメイトでは年間を通してたくさんのイベントを実施しており、声優さんに会える機会が特に多い店舗として有名です。

商品を買うとシリアルコードが入っている事があり抽選でイベントに参加出来ます。

ゲームであったりアニメやCD発売記念等イベントも豊富で横浜の会場になる事が多いのです。

そして駅からも近いので行きやすく、非常に嬉しいのも特徴的です。

イベント会場はあまり広くはありませんが収容人数も少なくはないので運が良ければ当たりますし、見事当選して遠くの席になったとしてもきちんと顔が見える事でも有名です。

声優さんの立ち位置から最上列の距離はかなり近いので、大好きな声優さんが登場するイベントに参加出来れば大変貴重な思い出となると思います。

交通の便も良いですし、横浜にはたくさんのお店があるので観光と合わせて行ってみても良いかもしれません。

横浜で過ごした青春を綴った歌、ゆずの「桜木町」

横浜を歌った歌と言えば横浜出身でストリート時代は横浜を中心に活動していたアコースティックフォークデュオ「ゆず」の「桜木町」があります。

ゆずの楽曲には横浜の地名やエピソードなどが多くありますが「桜木町」はずばりその土地の思いでをそのまま歌った曲で、2人が学生時代やかけだしの頃によく利用していた桜木町駅周辺のことが歌われています。

ただしこの曲に登場する桜木町の駅は現在運行されているみなとみらい線の桜木町駅ではなく、かつて運行されていた東急東横線の旧桜木町駅であり、現在は存在していません。

しかし桜木町から見えるみなとみらいの景色や観覧車など、今もなお曲の面影を残している風景は見ることができるので、曲を聴きながら歩いてみることで当時の情景に思いを馳せることもできます。

みなとみらい周辺にはランドマークタワーをはじめ、赤レンガ倉庫や買い物にグルメスポットなど楽しめる場所がたくさんありますが、観光の際にゆずの曲を意識してみるとまた違った発見があるかもしれません。

横浜のアーケード商店街は、いつも活気で満載です

横浜の商店街でアーケードが設置しているのは、弘明寺商店街と横浜橋商店街です。

雨でも安心して買い物ができるので、たいへん便利です。

弘明寺商店街は、地下鉄ブルーライン弘明寺駅下車で目の前にあります。

商店街の方々は、横浜商業(Y校)OBの人が多いです。

斉藤由貴さんの実家も弘明寺商店街で帯屋をしていました。

約400メートルの商店街ですが、何から何まで揃っているので遠くに行く必要がありません。

突き当たりが、お寺になっています。

横浜橋商店街は、開閉式アーケードなので天気が良い日は、開けることができます。

こちらも約400メートルですが、人通りが多いので活気に満ち溢れています。

なぜ橋も無いのに、横浜橋と言うのか?は、昔の名残りがそのまま残っているそうです。

3車線と分離帯と3車線の所が、昔、河川になっていて、埋め立ててしまったので橋が無くなりました。

ドラマ喰いタンの撮影や、横浜出身の桂歌丸さんがよく来ていました。”

知る人ぞ知る横浜で1番熱い場所についてお教えします

横浜で1番熱い場所、それは日産スタジアムです。

別名横浜国際総合競技場と呼ばれています。

横浜市港北区にある日本最大規模の72327席の観客収容能力を誇るその競技場は、知る人ぞ知るJ1リーグ横浜F・マリノスの本拠地です。

週末になると、老若男女多くのサポーターが駆けつけ、横浜で1番熱い場所になります。

横浜F・マリノスはJリーグ創設時からの加盟チーム(いわゆるオリジナル10)のひとつです。

チームの長い歴史が、サポーターを熱くさせる理由のひとつでもあります。

サッカー日本代表の国際親善試合がおこなわれることもある日産スタジアムは、日本でも有数のスタジアムです。

そのスタジアムに足を踏み入れると目に入ってくる景色、耳に入ってくる楽器の音、多くのサポーターの応援の声、そのすべてが普段味わうことのない非日常です。

その雰囲気に圧倒されるとともに、多くの感動を味わえるはずです。

 

日常では味わえないような横浜で1番熱い場所、それが日産スタジアムです。

スーパーでは売っていない、浜なしを手に入れよう!

夏の終わりごろから出てくる、浜なし。大きさは少し大きめで、イメージとしては幸水を大きくしたような感じです。

 

色も幸水に似ていて、黄土色のような感じです。この浜なし、幻の梨と言われることもあるそうで、実はスーパーでは売っていないのです。

では、どこで売っているのかというと、直売所や、家の門のところに「浜なし、あります」などと書かれた張り紙があるところでしか売っていません。のぼり旗のある民家でも売っています。私も何年か買うことができませんでしたが、近くの民家の直売所を見つけてからは、毎年そこで買っています。

 

民家なので、とても入りにくかったのですが、お友達から教えてもらい、購入することに成功しました。浜なしは糖度が高いのか、とても甘く、水々しくて美味しいです。

そして、大きめなので、食べごたえもあります。少しの間しか販売されない本当に珍しい梨です。初秋に横浜を訪れることがあれば、ぜひ「浜なし」というのぼり旗を見つけて、購入してみてください。一度食べたら、毎年食べたくなる美味しさですよ。

横浜と言ったら、やっぱ中華街でしょ!行けば納得。


私は仕事でたまに横浜に行きます。西は神戸元町、東は横浜、中華街が有名ですね。

食道楽な自分にとっては特に中華料理には目がないです。

あの独特の雰囲気、ジャッキーチェンやブルースリー、はたまたサモハンキンポウまでが突然出没してきそうな雰囲気もたまらないですねぇ。

横浜名物といえば某有名なシウマイが皆さんもご存知だと思います。

新幹線の東側の主要駅でも売っているチョー有名なシウマイですよ。

なんといっても醤油入れが陶器の瓶でできていて、思わず持って帰りたくなる醤油入れだし、シウマイも絶品で少しお酒を飲みたい気分の時に、

つまむにはもってこいのシウマイですね。

中華街にはいろんなお店がありますが、某お店の特性チャーハンは特に絶品です。

チャーハンの上にあんかけ八宝菜がたんまり乗っかっていて、なんと一人前980円というコスパで、あの美味しさとボリュームと本場中華食を味わえるなんて

この世の天国さながらです。みなさんもぜひ堪能してみてはいかがですか。

 

横浜での一人暮らしの物件探しの体験談 おすすめの街

横浜での一人暮らしは、桜木町周辺など、家賃や物価も高いというイメージもありますが、街を変えれば家賃が安くて住みやすい街もあります。

横浜の中では、東急東横線沿線のエリアが人気で、家賃も高めになります。

職場が横浜駅周辺であれば、東京方面では無くて、下り方面の方が家賃が安いです。

具体的には、相鉄線沿線や、保土ヶ谷区、戸塚区エリアであれば、横浜駅からも近くて、家賃相場も東横線沿線よりも安くなります。

相鉄線の、横浜駅から二俣川駅までの間の各駅停車の駅は、横浜駅からも電車で10分以内で、横浜駅だけではなく、東京方面への通勤も便利です。

また、保土ヶ谷駅や東戸塚駅といった横須賀線沿線も家賃が安めです。

横浜駅から徒歩15分位のエリアでも、一人暮らし向けで安めの物件もあります。

東横線沿線でも、横浜駅から菊名駅の間であれば、相鉄線沿線程ではありませんが、一人暮らし向けで安めの物件もあります。

横浜で一人暮らしでも、街などを選べば手軽に住める街もあります。

横浜は全国に先駆けて街作りにデザインを取り入れた先駆的な都市

港町の持つエキゾチックなイメージに加え、横浜にはハイセンスなエレガンスささえ感じられます。

こうしたいわば、都市のステータスともいえる付加価値を持つ横浜を特徴付けているものに、都市デザインがあります。

今では多くの自治体が取り組んでいる都市デザインの手法を、いち早く取り入れたのが横浜だったのです。

公園、街路、建築、あるいは行き先表示などのサイン関係まで、それまでどちらかといえば業者任せでおざなりにされていた仕事にも目配りをして、統一的なイメージの基に街作りを行い、それが成果として浸透し出すと、それに興味を持ったクリエイティブな人材が横浜市に集まるようになり、洗練された街作りを加速させました。

横浜の街つくりに通底するものはデザインです。大きくは都市デザイン、建築デザイン、街路のデザイン、公園のデザイン、看板のデザイン・・・・。デザインを抜きにして横浜は語れないほど、デザインを重視した街作りが今も行われ続けている都市、それが横浜であり、横浜最大の魅力になっています。

横浜出身のタカラジェンヌ・月城かなとさんはどんな人?

宝塚歌劇団の生徒さんは、日本全国から宝塚音楽学校を受験してタカラジェンヌになっています。

この記事では、神奈川県の横浜市出身のタカラジェンヌ・月城かなとさんをご紹介します。

月城かなとさんは、神奈川県横浜市に生まれ田園調布学園高等部に進学。宝塚音楽学校を受験し、2007年4月に宝塚音楽学校に入学しました。宝塚音楽学校時代は同期内ではマイペースでおとなしいタイプだったそうです。

2009年3月に宝塚歌劇に入団し、4月に初舞台を踏み、その後雪組に配属されました。

横浜出身ということもあり、崎陽軒のシウマイは大好物だそうです。また、母の手料理と父の淹れるコーヒーも好物だという月城かなとさん。ご両親に大切に育てられてきたことが伺えます。

月城かなとさんは、現在は月組に所属する三番手男役です。「エリザベート」ではルキーニ役を熱演しました。

これからがますます楽しみな宝塚をリードする二枚目男役の月城かなとさん。素顔は柔らかい雰囲気が魅力です。今後横浜ウォーカーで取材を受け、横浜市民に認知されるかもしれませんね。

目的が違ってもそれぞれ楽しめる場所が横浜ランドマークタワー


横浜ランドマークタワーは横浜を代表する有名スポットです。

外から見ても70階まである建物は目立ち、夜になると綺麗な夜景のひとつの象徴になります。

そしてランドマークタワー自体も展望台があり、中から見る景色は格別です。夕日に照らされる横浜を見るもよし、

夜になると観覧車が点灯するのできらびやかな街並みにとても映えます。大桟橋や船も上からだと見下ろすことができて

カップルに人気のデートスポットになっています。

展望台の下はショッピングエリアになっており、洋服やジュエリー、日用雑貨、レストランなど老若男女楽しめる

幅広い年代に合ったショップが並んでいます。

建物の中も広いのでそんなに混雑した感じもなくのんびりお店を見ることができます。

レストランの数も多くうまく人が散らばるので待ち時間も少なく済みます。

横浜の景色を一望できるようなお洒落なレストランも中にはあるので記念日やプロポーズなど特別な日にもぴったりな場所です。

横浜で盛り上がりを見せているのはプロ野球の横浜ベイスターズ

今横浜は、横浜スタジアムを本拠地にしているプロ野球の横浜ベイスターズの人気が高まってきています。

 

横浜ベイスターズは、2017年に日本シリーズへ進出するなど、めざましい活躍を見せています。

 

その影響からホームゲームである横浜スタジアムの試合は超満員になることも多く、人気がどんどん高まっています。

横浜ベイスターズを率いているのはラミレス監督ですが、このラミレス監督の手腕によるチームの躍進が今のベイスターズ人気に火をつけました。

また打線の主軸を務める筒香選手や内野手の倉本選手など地元である横浜高校の選手が在籍しているのも、ファンに応援されやすい理由です。

2018年は残念ながら思ったほどの成績を残すことができず、クライマックスシリーズへの進出を逃してしまいました。

ですがだからといって横浜ベイスターズの人気が下火になったわけではないですし、横浜スタジアムに行って応援しながら観戦するというのも、横浜の楽しみ方の1つです。ですのでスポーツが好き、野球が好きな人なら、横浜ベイスターズの試合を横浜スタジアムで観戦するのはおすすめです。

横浜なのに有名ではない!?東神奈川駅?駅周辺情報

観光にショッピングにデートにと横浜には有名なスポットが数多く存在しその為知名度が高い駅も沢山あります。そんな中横浜なのにあまり知られていない駅、東神奈川駅を知ってもらうべく今回は東神奈川駅にスポットをあてたいと思います。

東神奈川駅は京浜東北線と横浜線の乗換え駅であり一部の電車は京浜東北線から横浜駅を経て根岸線への直通運転をしています。また横浜線の起点にもなっており、駅のペデストリアンデッキ(橋)でお隣の京急仲木戸駅への乗換えもスムーズです。

駅から徒歩10分?15分で東急東横線の利用もでき渋谷方面、品川方面へのアクセスも便利です。

新幹線を利用の際も新横浜駅へ1本、飛行機を利用の際も羽田空港まで1本と便利なので旅行好きの方や、出張が多い方にも最適な駅です。

駅隣接の商業施設を始めとして周辺には大型スーパーや飲食店もあります。

賃貸相場は?1K7万?1DK7万5千?2DK8万となっています。お隣の駅が横浜駅なのですぐ行けるのも魅力の1つです。

何処に出るにもアクセスが良く利便性に優れていて嬉しい駅ですので、東神奈川駅を初めて知ったと言う方は是非東神奈川駅を覚えてご自身のライフスタイルに合わせて上手にご利用してみましょう。

海からは離れていますが、ちょっとした海外気分を味わえる場所です♪

横浜駅から20分ほど相鉄線に乗ると、「緑園都市駅」という駅があります。

この駅を出て東方面に進むと、スーパーや飲食店が並び、

その先にはフェリス女学院大学があります。

高層マンションも立ち並ぶ閑静な住宅街ですが、

今回おススメしたいのは

緑園都市駅と、おとなりの南万騎が原駅をつなぐ道です。

緑園都市駅をいったん出て、線路に沿って北に進むと、遊歩道があります。

駅の近くはマンションが多いのですが、

もう少し北に進むと、洋風の一軒家が立ち並んでいます。

しゃれた植木があったり、出窓があったりして、

ここを歩いていると、あまり日本にいる感じがしません。

そんな、歩いているだけで非日常を感じられる場所ですが、

特におススメしたいのは、12月です。

12月に入ると、全国的もクリスマスの飾りつけをする家が増えますが、

この緑園都市駅と南万騎が原をつなぐ遊歩道沿いの家々では

クリスマスにたいする気持ちが強いのか、

みんな競うようにイルミネーションを飾ります。

サンタが窓をのぼったり、

雪だるまが手を振っていたりして、

どことなくヨーロッパのクリスマスマーケットを彷彿とさせます。

夜になるとイルミネーションが色とりどりに光るので、

昼よりも夜の方が歩行者が多いのではないか、と思える時もあります。

寒い時期ではありますが、

興味のある方はぜひ行ってみてください!