八重桜がうっとりするほど美しい「菊名桜山公園」

桜が咲く季節になると、「今までどこにいたの?」というくらい、桜並木に人が集まってきますよね。

長くて寒い冬が終わり、桜が一斉に開くと、一気に春を感じられ、

この時ばかりは「日本人で良かったな〜」と毎年のように思います。

そんな桜好きにおススメしたいのが「菊名桜山公園」。

八重桜なので、見ごろの時期はソメイヨシノよりも遅めになりますが、

一見無造作に生えている桜の木々に、ピンクの花が一斉に咲きみだれる様子は、圧巻の一言です。

滑り台やブランコなどの遊具はありませんが、

その分、純粋に桜の美しさを堪能したい、という人におススメです。

八重桜を堪能した後は、目線を少し下に下げれば、随所に植えられた花もあり、目を楽しませてくれます。

桜というと、都内の千鳥ヶ淵や上野公園が有名ではありますが、その分多くの人が訪れ、

「桜を見に行ったのか、人を見に行ったのか分からない」という話はよく聞きますが、

この「菊名桜山公園」はそれほど混雑する場所ではないので、

「桜は好きだけど、人込みは苦手」という方にはおススメのスポットです。

梅の名所・テレビのロケ地として有名な大倉山公園に行ってみよう♪

横浜駅から東急東横線で6駅目にある大倉山駅。

その大倉山駅の改札を出て西に進むと「大倉山公園」が見えてきます。

地元では梅の名所として有名ですが、

テレビ番組のロケ地として使われることもあるそうです。

実際に公園内を散策し、緑の木立に挟まれながら歩道を歩いていくと、

その木々のすき間から大倉山記念館が見えてきます。

壁も柱も白一面に塗られた大倉山記念館は、晴天の日は特に目にまぶしく、

西洋風のどっしりした建物は、見るからにテレビ映えしそうな印象を受けます。

駅から公園に向かう道は坂道になっており、

一見、それほど急でなはいように思えますが、

歩いてみると、延々と続く坂道にだんだんふくらはぎが辛くなってきます。

ガイドマップでは「徒歩3分」となっており、気軽に行けそうな気がしますが、

ベビーカーや脚力に自信がない方は、あまり無理せず、休憩しながら登っていくことをおススメします。

ただ、坂を上るだけあって、

道の途中では、遠くの家々まで見渡すことができたり、

東急東横線の電車が見えたりするので、

子どもには嬉しいスポットかもしれません。

公園内にはベンチやトイレ、展望台もあるので、

子どもと自然探しをしたい方や、夫婦でのんびり歩きたいという方には

ぜひおススメしたいスポットです。

横浜で人気の動物園〜入場料無料のものもあります

横浜で人気の動物園は、よこはまズーラシアが有名ですが、桜木町にある野毛山動物園も人気です。

よこはまズーラシアは、ライオンなど、沢山の動物がいて、また、子供が遊べる遊具もあり、一日中遊べます。入場料も大人800円と安いです。

桜木町にある野毛山動物園は、入場料無料で入れる動物園ですが、ライオン、ペンギン、サル、レッサーパンダなど、人気の動物がいます。園自体広くありませんが、見応えはあります。

横浜市立金沢動物園は、八景島シーパラダイスの近くにある動物園で、丘陵地帯にあり、ハイキングコースになっています。コアラなど、人気の動物がいて、園内も広くて一日中楽しめます。入場料も大人500円と安いです。

横浜には、動物園が3箇所あり、どこも特色があり、手軽な値段で楽しめます。

ズーラシアと金沢動物園には、年間パスポートや、他の動物園などとのセット券もあります。

横浜観光の一環として、動物園に訪れてみるのもおすすめ出来ます。

小さなお子さまでも家族で楽しめるところがいっぱいの動物園

横浜には家族で楽しめるところがたくさんあります。まず一つ目は野毛山動物園です。桜木町駅からも徒歩15分くらいですし、バスも出ているので行きやすいです。入場料が無料なのに、キリンやトラ、ワニなどたくさんの種類の動物がいるので一日楽しめますし、園内には飲食店もあるし、園内の飾りも凝っていて、無料とは思えないくらいです。

二つ目は横浜ズーラシアです。三ツ境駅からバスで行くか、車でないと行けませんが入場料700円にしては、広いしオランウータンや世界三大珍獣のオカピなど他ではあまり見られない珍しい動物がたくさんいて、園内には大きな公園もあるので、お子様が動物園に飽きてしまったり休憩するのにも、使えて良いです。一日で回りきれるかなと思うくらい広く、園内バスもあるので、お子様が疲れてしまったら、バスに乗って見るのもおすすめです。

3つ目は金沢動物園です。金沢文庫駅よりバスを使うか車が必要です。入場料500円かかり、少し小さめの動物園なので、ライオンなどはいませんが、サイやコアラが見られて、他の動物園にいない動物がいます。また自然公園も併設されていて、春には桜も見られますし、バーベキューもできて、100メートルのローラー滑り台など大きな遊具もあるので、運動もできて良いと思います。

4つ目はアンパンマンミュージアムです。小さなお子さまはアンパンマン好きな子も多く、中に入るとアンパンマンと写真が撮れたり、ボールで遊べる所もあるし、ショップもあるので楽しめます。また、2019年の夏には大きくなって、オープンするので、その頃行くのがおすすめです。

5つ目はカップヌードルミュージアムです。オリジナルのカップヌードルを作ることができるので、自分で体験できるし、食べられるので楽しく過ごせます。

横浜はお子さまと楽しく過ごせる場所がいっぱいあるので、おすすめです。

音楽業界よりも、俳優業で見事に成功した横浜出身の高橋克典さん

横浜出身の芸能人は、たくさんいますが、高橋克典さんが有名です。

お父さんは、演奏指揮者で、お母さんは、音大の先生でした。

まさにサラブレッドですが、高橋克典さんは音楽の道は究めませんでした。

サラリーマンシリーズで人気が出て、俳優業が本職になっています。

サラリーマン金太郎、課長・島耕作、特命係長・只野仁が有名です。

特命係長・只野仁では、叔父さんの梅宮辰夫さんと共演していました。

叔父さんと甥っ子の関係で、照れる部分もありますが、見事な演技で頼もしい限りです。

青山学院大学出身のインテリでもあり、後輩に尾崎豊さんもいました。

芸能人としては、遅咲きの人でしたが苦労したかいがあって、長持ちしている要因です。

見た目は若いですが、54歳なので温水洋一さんと同学年です。

顔に味があり、ダンディな雰囲気は役者に向いている証拠です。

横浜出身の俳優さんは、多いことで有名ですが、年を取るたびに大御所役が増えています。

浜田晃さん、西岡徳馬さんなど、高橋克典さんもいずれ大御所役になりそうです。

ぴょんぴょん跳ねているみたいで可愛らしい横浜弁

神奈川県横浜市の方言『横浜弁』には可愛らしいものが多いです。いくつか紹介します。まずは「あるってく」です。歩いていくという意味です。走っていくは「かけってく」と言うそうです。「てく」という語感がテクテクを連想しますね。

物を捨てることを「うっちゃる」と言います。放置する、遠くにやるの「うちやる」が変化したものです。横浜弁は小さい「っ」が入るのが特徴なのでしょうか。ぴょんぴょんと跳ねているようで、可愛らしくポジティブな印象を受けました。

「ひゃっこい」は冷たいです。これは滋賀も使います。見てみると横浜弁と近江弁って似ているんですよね。冷たくて気持ちいいときは「ああ、ひゃっこいなあ」になり、冷たくてビックリしたときは「ひゃっ」とか「ひっ」に短縮されます。

地図だと神奈川県と滋賀県は離れているのに、同じような方言をつかっているのは興味深い発見です。『名探偵コナン』で灰原が言っていた「方言は言葉につけたアクセサリー」というセリフも気にいっています。

方言を勉強することによって、その土地の歴史や住んでいる人の暮らしも勉強できますよね。