八重桜がうっとりするほど美しい「菊名桜山公園」

桜が咲く季節になると、「今までどこにいたの?」というくらい、桜並木に人が集まってきますよね。

長くて寒い冬が終わり、桜が一斉に開くと、一気に春を感じられ、

この時ばかりは「日本人で良かったな〜」と毎年のように思います。

そんな桜好きにおススメしたいのが「菊名桜山公園」。

八重桜なので、見ごろの時期はソメイヨシノよりも遅めになりますが、

一見無造作に生えている桜の木々に、ピンクの花が一斉に咲きみだれる様子は、圧巻の一言です。

滑り台やブランコなどの遊具はありませんが、

その分、純粋に桜の美しさを堪能したい、という人におススメです。

八重桜を堪能した後は、目線を少し下に下げれば、随所に植えられた花もあり、目を楽しませてくれます。

桜というと、都内の千鳥ヶ淵や上野公園が有名ではありますが、その分多くの人が訪れ、

「桜を見に行ったのか、人を見に行ったのか分からない」という話はよく聞きますが、

この「菊名桜山公園」はそれほど混雑する場所ではないので、

「桜は好きだけど、人込みは苦手」という方にはおススメのスポットです。

梅の名所・テレビのロケ地として有名な大倉山公園に行ってみよう♪

横浜駅から東急東横線で6駅目にある大倉山駅。

その大倉山駅の改札を出て西に進むと「大倉山公園」が見えてきます。

地元では梅の名所として有名ですが、

テレビ番組のロケ地として使われることもあるそうです。

実際に公園内を散策し、緑の木立に挟まれながら歩道を歩いていくと、

その木々のすき間から大倉山記念館が見えてきます。

壁も柱も白一面に塗られた大倉山記念館は、晴天の日は特に目にまぶしく、

西洋風のどっしりした建物は、見るからにテレビ映えしそうな印象を受けます。

駅から公園に向かう道は坂道になっており、

一見、それほど急でなはいように思えますが、

歩いてみると、延々と続く坂道にだんだんふくらはぎが辛くなってきます。

ガイドマップでは「徒歩3分」となっており、気軽に行けそうな気がしますが、

ベビーカーや脚力に自信がない方は、あまり無理せず、休憩しながら登っていくことをおススメします。

ただ、坂を上るだけあって、

道の途中では、遠くの家々まで見渡すことができたり、

東急東横線の電車が見えたりするので、

子どもには嬉しいスポットかもしれません。

公園内にはベンチやトイレ、展望台もあるので、

子どもと自然探しをしたい方や、夫婦でのんびり歩きたいという方には

ぜひおススメしたいスポットです。

知る人ぞ知る横浜で1番熱い場所についてお教えします

横浜で1番熱い場所、それは日産スタジアムです。

別名横浜国際総合競技場と呼ばれています。

横浜市港北区にある日本最大規模の72327席の観客収容能力を誇るその競技場は、知る人ぞ知るJ1リーグ横浜F・マリノスの本拠地です。

週末になると、老若男女多くのサポーターが駆けつけ、横浜で1番熱い場所になります。

横浜F・マリノスはJリーグ創設時からの加盟チーム(いわゆるオリジナル10)のひとつです。

チームの長い歴史が、サポーターを熱くさせる理由のひとつでもあります。

サッカー日本代表の国際親善試合がおこなわれることもある日産スタジアムは、日本でも有数のスタジアムです。

そのスタジアムに足を踏み入れると目に入ってくる景色、耳に入ってくる楽器の音、多くのサポーターの応援の声、そのすべてが普段味わうことのない非日常です。

その雰囲気に圧倒されるとともに、多くの感動を味わえるはずです。

 

日常では味わえないような横浜で1番熱い場所、それが日産スタジアムです。

スーパーでは売っていない、浜なしを手に入れよう!

夏の終わりごろから出てくる、浜なし。大きさは少し大きめで、イメージとしては幸水を大きくしたような感じです。

 

色も幸水に似ていて、黄土色のような感じです。この浜なし、幻の梨と言われることもあるそうで、実はスーパーでは売っていないのです。

では、どこで売っているのかというと、直売所や、家の門のところに「浜なし、あります」などと書かれた張り紙があるところでしか売っていません。のぼり旗のある民家でも売っています。私も何年か買うことができませんでしたが、近くの民家の直売所を見つけてからは、毎年そこで買っています。

 

民家なので、とても入りにくかったのですが、お友達から教えてもらい、購入することに成功しました。浜なしは糖度が高いのか、とても甘く、水々しくて美味しいです。

そして、大きめなので、食べごたえもあります。少しの間しか販売されない本当に珍しい梨です。初秋に横浜を訪れることがあれば、ぜひ「浜なし」というのぼり旗を見つけて、購入してみてください。一度食べたら、毎年食べたくなる美味しさですよ。