横浜で過ごした青春を綴った歌、ゆずの「桜木町」

横浜を歌った歌と言えば横浜出身でストリート時代は横浜を中心に活動していたアコースティックフォークデュオ「ゆず」の「桜木町」があります。

ゆずの楽曲には横浜の地名やエピソードなどが多くありますが「桜木町」はずばりその土地の思いでをそのまま歌った曲で、2人が学生時代やかけだしの頃によく利用していた桜木町駅周辺のことが歌われています。

ただしこの曲に登場する桜木町の駅は現在運行されているみなとみらい線の桜木町駅ではなく、かつて運行されていた東急東横線の旧桜木町駅であり、現在は存在していません。

しかし桜木町から見えるみなとみらいの景色や観覧車など、今もなお曲の面影を残している風景は見ることができるので、曲を聴きながら歩いてみることで当時の情景に思いを馳せることもできます。

みなとみらい周辺にはランドマークタワーをはじめ、赤レンガ倉庫や買い物にグルメスポットなど楽しめる場所がたくさんありますが、観光の際にゆずの曲を意識してみるとまた違った発見があるかもしれません。

横浜のアーケード商店街は、いつも活気で満載です

横浜の商店街でアーケードが設置しているのは、弘明寺商店街と横浜橋商店街です。

雨でも安心して買い物ができるので、たいへん便利です。

弘明寺商店街は、地下鉄ブルーライン弘明寺駅下車で目の前にあります。

商店街の方々は、横浜商業(Y校)OBの人が多いです。

斉藤由貴さんの実家も弘明寺商店街で帯屋をしていました。

約400メートルの商店街ですが、何から何まで揃っているので遠くに行く必要がありません。

突き当たりが、お寺になっています。

横浜橋商店街は、開閉式アーケードなので天気が良い日は、開けることができます。

こちらも約400メートルですが、人通りが多いので活気に満ち溢れています。

なぜ橋も無いのに、横浜橋と言うのか?は、昔の名残りがそのまま残っているそうです。

3車線と分離帯と3車線の所が、昔、河川になっていて、埋め立ててしまったので橋が無くなりました。

ドラマ喰いタンの撮影や、横浜出身の桂歌丸さんがよく来ていました。”

新横浜駅からバスで約10分の場所にある崎陽軒の横浜工場!

赤いパッケージに入った、あのシウマイを作る過程をを見学できるとあって、予約はいつもいっぱいというほど人気があるんです。年間1万人が工場見学に訪れるという横浜のホットスポットなんです。

工場見学の所要時間は約90分。お肉や野菜などが工場内の機械に入れられて真空パックに入れられるまでの過程が間近で見られるのは、見ていてとても楽しく興味深いです。それに、シウマイだけではなくシウマイ弁当の中にシウマイの隣に寄り添うように入っている[ひょうちゃん]にも出会えます。[ひょうちゃん]とはひょうたんをモチーフとした磁器製のしょう油入れなんです。陶磁器で作られたひょうたん型には人の顔に見立てて表情が描かれているのですが、笑っていたり泣いていたり怒っていたりと色々なバリエーションがあって面白いですよ。工場見学の最後のお待ちかねシウマイの試食の時間に[ひょうちゃん]を頂いて帰れます。

最後にシウマイや肉まんのお土産も買って帰れるし、見て美味しい食べて美味しいのシウマイ工場の見学はとってもおすすめです。

喜ばれること間違い無しの横浜土産は崎陽軒に決まり

言わずと知れた横浜の定番土産であるシウマイは今年創業110周年を迎える崎陽軒の商品で今も尚新たな商品展開や季節限定物など沢山の商品を販売しており、その魅力と情報をご紹介したいと思います。

まず一度は食べたい&お土産におすすめはやはりシウマイシリーズです。その中でも昔ながらのシウマイは昭和3年の発売以来レシピも美味しさも変わらず今も尚このシウマイを味わう事ができます。またお土産や贈答に便利なのが真空パックシウマイです。製造から5ヶ月間の長期保存が可能で遠方の方におすすめです。

9/1?季節限定できのこシウマイも販売されています。シウマイの妹分として昭和29年に登場したシウマイ弁当は旅のお供に定番のお弁当で、ひと口サイズにわけられたご飯は電車でも新幹線でも食べやすくおすすめです。

おかずはもちろんシウマイが入っており、その他にも唐揚げや卵焼き鮪の照り焼きと種類が多く楽しめるお弁当です。

9/1?秋季限定弁当、10/22?ハロウィン限定黒炒飯弁当が発売されます。

その他にもシウマイ?カレーの詰め合わせ、シウマイ?中華粥詰め合わせ、シウマイ?惣菜詰め合わせ等のギフトセットや肉まん、あんまん、シウマイまん等豊富にあります。

10/1?ハロウィン限定黒シウマイまん&かぼちゃまんが発売されます。

駅構内でも販売しているのでお手軽に購入できるのもいいですね。実はお土産だけではなく、夕飯にもう一品って時にもおすすめです。

そして、お土産に迷ったら崎陽軒のシウマイを思い出してみて下さい。