横浜は全国に先駆けて街作りにデザインを取り入れた先駆的な都市

港町の持つエキゾチックなイメージに加え、横浜にはハイセンスなエレガンスささえ感じられます。

こうしたいわば、都市のステータスともいえる付加価値を持つ横浜を特徴付けているものに、都市デザインがあります。

今では多くの自治体が取り組んでいる都市デザインの手法を、いち早く取り入れたのが横浜だったのです。

公園、街路、建築、あるいは行き先表示などのサイン関係まで、それまでどちらかといえば業者任せでおざなりにされていた仕事にも目配りをして、統一的なイメージの基に街作りを行い、それが成果として浸透し出すと、それに興味を持ったクリエイティブな人材が横浜市に集まるようになり、洗練された街作りを加速させました。

横浜の街つくりに通底するものはデザインです。大きくは都市デザイン、建築デザイン、街路のデザイン、公園のデザイン、看板のデザイン・・・・。デザインを抜きにして横浜は語れないほど、デザインを重視した街作りが今も行われ続けている都市、それが横浜であり、横浜最大の魅力になっています。

横浜出身のタカラジェンヌ・月城かなとさんはどんな人?

宝塚歌劇団の生徒さんは、日本全国から宝塚音楽学校を受験してタカラジェンヌになっています。

この記事では、神奈川県の横浜市出身のタカラジェンヌ・月城かなとさんをご紹介します。

月城かなとさんは、神奈川県横浜市に生まれ田園調布学園高等部に進学。宝塚音楽学校を受験し、2007年4月に宝塚音楽学校に入学しました。宝塚音楽学校時代は同期内ではマイペースでおとなしいタイプだったそうです。

2009年3月に宝塚歌劇に入団し、4月に初舞台を踏み、その後雪組に配属されました。

横浜出身ということもあり、崎陽軒のシウマイは大好物だそうです。また、母の手料理と父の淹れるコーヒーも好物だという月城かなとさん。ご両親に大切に育てられてきたことが伺えます。

月城かなとさんは、現在は月組に所属する三番手男役です。「エリザベート」ではルキーニ役を熱演しました。

これからがますます楽しみな宝塚をリードする二枚目男役の月城かなとさん。素顔は柔らかい雰囲気が魅力です。今後横浜ウォーカーで取材を受け、横浜市民に認知されるかもしれませんね。